EXup付きの88モデルです。

 

当店まで乗って来られた車両ですので、公道走行可能な状態です。

入荷した際にはアイドリング回転数が高めでしたのでキャブ調整を行ったところ、アイドリングが不安定でエンストしてしまう症状が出ていますので、現在原因を調べているところです。

冷間時には症状が出ずエンジンが熱くなるとエンストする状況で、プラグやプラグキャップを交換しても症状が変わらない事から、バルブクリアランスが狭すぎるのが原因ではないかと推測しております。

 

動画も是非ご覧ください。

 

走行距離は10435kmです。

 

タイヤ・ブレーキの残量は前後とも充分残っています。

 

フロントフォークのオイル漏れもありません。

 

エンジンは異音も無く吹け上りも良好です。

 

エアクリーナーを外してキャブレターの作動を確認したところ、3番と4番のバキュームピストンが動きませんのでダイアフラムが破れていると思われます。

 

マフラーに目立つ傷は無く、状態は良好です。

EXupも正常に作動しています。

 

シートの破れはありません。

 

外装は小傷がありますが、破損や大きな転倒傷はありません。

 

全体的には艶があり綺麗な外装です。

 

ハンドル周りの状態も良好です。

 

アイドリング不調の原因を調べてから現状販売車として掲載する予定ですので少々お待ちくださいませ。

 

この車両に関してのお問合せは、このページ下部のコメント欄から送信して下さい。(お名前やコメント内容は公開されませんのでご安心下さい)

 

LINEで送る
Pocket