ホンダ NSR50の実動エンジンです。

10年以上倉庫に保管してあった物で、先日NS50Fの車体に載せて実動確認をしました。

実動確認をした時の動画はこちらです。

キャブレターの在庫が無かったためマニホールドから直接混合ガソリンを注入して、そのガソリンが燃え尽きた時点で停止します。
リードバルブがむき出しなので甲高い吸気音が大きく聞こえますがエンジン本体は異音も無く吹け上りは良好です。

水温スイッチは社外品の水温計用のセンサーに交換されています。

配線は途中で切れています。

マフラー取り付け用のスタッドボルトは1本外れていてボルトで代用しています。

シフトポジションセンサーの配線が加工されています。

混合ガソリンで始動チェックをしましたのでオイルポンプの作動は未確認です。

外観は画像でご確認ください。

このページの商品に関してのお問合せは、このページ下部のコメント欄から送信して下さい。(お名前やコメント内容は公開されませんのでご安心下さい)