ライブディオSR(前期)の車体にZX(中期)のエンジンや足周りが組まれています。

組み上げている途中なのか完成車をバラしている途中なのかは不明です。

フレームは溶接加工されています。

リアショックは売約済みです。

前後のホイールは色違いです。

フロントフォークは限界までローダウンして固定されていますのでストロークできないリジット状態です。

ロンホイキットでは無くエンジンマウントを溶接加工して延長されています。

リアショックは自作ステーを使って装着されています。

ローダウンされた車体に合わせてサイドスタンドは短くカットされています。

エンジンは実動だったという事ですが当店では未確認です。

フレームや燃料タンクもペイントされていますのでネイキッド仕様にカスタムされていたのかもしれません。

タンク内に錆はありません。

電装系は欠品多数です。

このページの車両に関してのお問合せは、このページ下部のコメント欄から送信してください。
(PCからのメールを受信拒否設定されている場合はjunkbox@myad.jpを受信許可に設定してください)

※通常は遅くとも24時間以内にメール致しますので、届かない場合はメールアドレスを確認の上で再度コメントいただくか、【お問合せ】からご連絡くださいませ。